目標を必ず達成するため絶対に知っておきたいスマホの使い方

あなたは何かをする時にあらかじめ目標を立て、計画を作りそれを実行することが得意ですか?夏休みの宿題でも、大掃除でもかまいませんが、これまでの出来事を少しだけ振り返って下さい。

残念ながら全てを完ぺきにこなした良い思い出は少ないはずです。その理由は目標が難しかったからでも、やり方が悪かったわけでもありません。目標設定が妥当で計画が完璧であっても『達成するまでやり続けることができなかった』から失敗したのです。

当たり前に聞こえますが、90%以上はこのことができない理由であり、逆に言えばやり抜くことさえできれば目標は達成できるのです。では、どうすれば良いのでしょうか?今日はスマホを使った目標達成のコツを紹介します。

計画を必ず実行するためにやるスマホを使った3つのこと

人間は途中で考えが変わった、など自分に言い訳をすることが簡単な生き物なので、何事も最後までやり続けることが難しいと言われています。ですが初志貫徹、当初の意識を変えずにいればそれも克服が可能です。

ポイントは『目標を常に意識していられること』で、次の3つを実践するだけで間違いなく可能となります。

①スマホの壁紙に目標を書いておく

スマホの待ち受け画面は注視していなくても、あなたの視界に最もよく入る場所です。ここに目標を文字で入れたり、買いたい車や、欲しい家の画像を貼りましょう。よく札束や金塊を設定する方がいますが、人に見られても良いならそれでもOKです。目標が常に目に触れることで潜在意識にイメージが擦りこまれ忘れる事がなくなります。

②不必要な写真は削除する

個人差はありますが、多い人なら1,000枚以上の写真が保存されています。懐かしく良い思い出も苦い記憶もあると思いますが、過去を振り返ることは最大の誘惑になります。目標がブレる原因になり妥協が生じるからです。目標は未来にあるので素敵な風景写真などは良いのですが、かつての所有物や別れた恋人の写真などは削除しましょう。

③1日一枚は自撮りをして自分の姿を記録する

思い出の写真は必要ありませんが、目標を決めた日から毎日自分の顔と姿の写真を撮って保存して下さい。その日どんな表情をしていたかで心の変化が分かり、上手くいってない時は軌道修正することが可能になります。何よりも毎日何かをやり続けることが身につきますし、継続して物事を行う意味が自然と理解できます。

最低限、これだけやれば目標達成に近づくことができます。①と②に関しては一度やってしまえばそれで終わりなのでとても簡単ですよね。ちなみに、内容が変わらなければ画像変更はOKですし、写真も後で要らなくなったものは追加で削除しましょう。

ただし、③については継続してやり続けることが求められます。ですが冒頭でお話したように失敗の原因は『達成するまでやり続けることができなかった』ことなので、これを乗り越えられれば目標にかなり近づくし、習慣になれば数秒で済むことなので難しくはないですよね。

願いを叶えるためには何か特別なことをするのではなく、決めたことを毎日やり続けることが重要です。

是非、チャレンジしてみて下さい。

本日もありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする