脳科学を使って簡単に貯金を増やす方法が意外すぎた

現在の金利が何パーセントか知っていますか。

『普段あまり気にしない』と思いますが三菱UFJ銀行のサイトを見ると2021年1月現在で0.001%〜0.002%(年利)となっています。

言うまでもないですが、100万円を1年間預金すると10円〜20円の利子がつきます。

この金利の状態はいわゆる『ゼロ金利政策』によって作られたものですが、日本で(世界で初めて)1990年から2000年にかけて導入されたものなので今年で20年たちました。

何でこんな事をやっているのかというと『失われた20年』といわれる経済の低成長期から抜け出すために、お金を沢山使ってほしいから、となります。金利が安いから企業は沢山お金借りて頑張って投資して下さい、ということだと思って下さい。

ゼロ金利だと貯金は増えないいんじゃない?

はい増えません。

みんながお金を使うと景気が良くなるので『貯金するより使ったほうが良いよ』と消費する方に誘導するのもゼロ金利のひとつの側面で、増えないように金利を操作したんです。

タイトルに簡単に貯金を増やすって書いてあるけど、金利がつかないんじゃ銀行に預けても増えないのでは、と思われるかもしれませんが、これもだいたい正解です。

じゃあ『どうやってお金を増やすのか』、これを考えられるようにするというのがタイトルに有る方法であって、今日の目的です。

人間は考えたことしか実現できません

よく言われることですが、これはその通りです。例えば子供でも大人でも欲しい物、やりたいことがなければそれを手に入れたり実行することは不可能です。なぜかと言われると人間の脳はそういうふうに出来ているからなんです。

当たり前に思うかもしれませんが実はこの人間の脳の仕組みが最も重要となります。

結論から言うと、『1000万円お金を貯めたい』『貯金を2000万円にすることができる』と考えなければ実現はできません。さらに言うと、ただ考えるだけではなくて『本気で』貯金ができると信じるということです。

逆に言えば『貯金なんて不可能だよ』と思っている人には、その通り『貯金ができない』ということが現実となりますので注意しましょう。『言葉は言霊(ことだま)』といって現実になる、とはよく言ったものです。

『考える人』だけが有益な情報を手にすることができる

これは、多くの人が経験していると思いますが、目標なり目的をもっていると『その事について脳が鋭く反応する』様になります。情報感度が高まると言ってもいいかもしれません。

例えば、あなたが引越をすることになりました。そうすると冒頭にも登場した言葉ですが『普段あまり気にしなかった』不動産情報に対して敏感になります。テレビやネットを見ていても不動産情報が以前より多く目に入るようになったり、街を歩いていると不動産屋の多さに気が付き貼ってある物件情報を見るようになります。

これは、旅行でも車でも同じことが起きます。ロンドンに行こうと思っていると身の回りにはロンドンの情報が増えますし、テスラを買おうと検討していると同様の事がおきます。

これは、ネットの機能でよく目につく様になる事もありますが、実数が増えているのではなくて、あなたが何かを考えることで関連する情報に敏感になり目に入りやすくなっているのです。

つまり、脳が積極的・能動的に情報を取りに行ってる状態が出来上がっているのです。

情報をたくさん得られるとどうなるのかというと、選択肢が広がります。より効率的に短期間で目標を達成する方法が見つかるかもしれませんし、例えある方法が失敗したり上手くいかなかったとしても代替手段があるので何度でもチャレンジができます。

もし、あなたが本気で真剣に考えることがなければここで上げたすべてのことは起こり得ません

一旦、この脳の状態を作ることができれば今回の目標は80%以上は達成したと言ってもOKです。
あとは、目標金額に達するまで継続して実行(考えて情報を入手し続けること)するのみです。

本日もありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする