コロナ禍で本当は要らないと判ったものを捨て金運を上げよう

毎年恒例の日本漢字検定協会が京都の薬師寺で発表している今年の漢字は『密』が選ばれました。

もう少し直接的に『疫』でも良かったとか、ユーモアを交えて『アマビエ』を推したいなど話題になっていましたね。
何れにせよ今年に関してはコロナ関連で異論はないと思いますが、インフルエンザのように毎年流行することになったら、こんな形で話題に上がることさえ無くなるのでしょうか?

さすがに一年後くらいにはきちんとしたワクチンが出来ているから、といった希望的観測もありますが先が全く見えないのが今日このごろです。

コロナで変わったこと

そんなコロナ禍の中で私たちの生活は密を避けるため激変しました。

・会社に行かずテレワーク
・学校は休み
・飲食店は休業
・電車はガラガラ
・街は昼夜問わず閑散
・飲み会はオンライン
・食事はウーバーイーツ
・キャッシュレス

などなど、私達の生活は根本から形を変える必要に迫られました。

もちろん、このような生活変容には大きなビジネスチャンスもあって、例えば動画サービスのネットフリックスは会員数が200万人くらい増えて倍増しています。

コロナが暴露してしまった不要なモノたち

一方で、普段は分からなかったけどこれって必要なかったんだ、というものもコロナによって白日の下にさらされました。特に会社関連は確実にいままでの慣習がくずれて働き方改革が一気に進みそうな気配まであります。

・オフィス
・スーツやビジネススタイル全般
・会議や打ち合わせ
・出張
・紙の書類
・印鑑
・IT弱者(年配者に多い)

ざっと上げても結構ありまして、必要なかったものから、なくても大丈夫=やり方変えればOkなことまで様々です。

ここに書いたのは主に会社関係になりますが、あなたがプライベートで何となくやっていた習慣や持っていたものなんかでも要らないものって沢山あります。

ここからは、年末の今の時期にふさわしく要らないモノを整理して文字通り来年から新たな生活スタイルで気分一新する方法をご紹介したいと思います。

身の回りを整理して金運を上げよう

上で取り上げた不要なモノたちは、なくすことで様々な効果があります。簡単に言えば『経費が削減できるので利益が増える』となります。企業が利益を上げる方法は『売上を増やす』か『経費を減らす』ことで実現するので、またとないチャンス。

では、個人はどうかというと同じく『収入を増やす』『支出を減らす』となりますが、もう1つ不要なものを捨てることで『金運を上げる』という要素が加わります。目に見えないものでスグに実感できないかもしれませんが、どうせ要らないならそれを捨てて金運が上がることを期待しても何も損することはありませんよね。

それでは、あなたの家にある整理することで金運があがるもの『ベスト4』です。

金運を上げるために今すぐ捨てるべき4つのモノ

不要品以外にも金運を下げるモノがあります。こんなモノを持っていたら、いつまでたっても金運が上がらないから、今すぐ捨ててしまいましょう。

①使い古したマット類

おしゃれは足元から、といいますが金運も足元からやって来ます。ここが汚れていると最悪なのでキッチン、トイレ、玄関やお風呂のマットは新調しましょう。オススメは赤、ピンク、黄色です。

②身につけていた時に嫌な思い出があるモノ

服やアクセサリー、カバンなど身につけている時に悪い出来事が起こった物があるはずです。思い出はものと一緒に捨てて良い運気を呼び込みましょう。特にこれも足元からで、古いもの履かないクツは処分してしまいましょう。

③ブランド品など高価なもの

高いものほど捨てにくいのですが、いつか使うだろうと思ってるモノはないですか?6ヶ月使わなかったものは2度と利用しない率が80%になります。無用の長物は捨てて実用的なものに変えたほうが間違いなく金運が良くなります。

④クリスマスや正月グッズ

毎年のお祝い事に使う飾りなどは一度使ったら捨てるのが鉄則です。高いものは必要ないので使うごとに新しいものに買い替えて下さい。お正月飾りは近所の神社にいくと処分してくれますよ。

ここ3年間くらいは、私たちにとってこれまでの生活習慣が大きく変わる歴史の転換点になります。このことは既に色々なことが急激に変化しているので明らかですよね。

激動の時代は大きなチャンスがゴロゴロしている恵まれたタイミングです。

この期を逃さず、積極的に変化をつかみにいきましょう。

本日もありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする