できる人が必ずやっているチャンスを絶対に逃さない方法

ここぞとゆう時に失敗してしまうこと、長いこと待ち望んできたのにウッカリ見落とした、こんなことはありますよね。でも、世の中にはいわゆる勝負強い人たちがいて、彼や彼女はチャンスは必ず見逃さないし、狙ったタイミングははずさないんです。誰しもがそんな風になりたいとは思うものの、簡単ではありません。
では、どうしたらいいかを考えていきましょう。

神様に祈ったり、自分を信じたり

もしテレビドラマに出てくる『ガネーシャ』のように夢を叶えてくれる神様がいれば良いのですが、なかなかそうは行きません。最高に頼りになる相談役や、何でも的中させる占い師さんがいても突発的な出来事や、即時に判断を求められる場合にはあまり力になってくれなかもしれません。

ジムに通って体を鍛え、お寺で座禅を組み、ビーガンなどの流行りの健康方法をことごとく取り入れて心身を健全で頑強に保つことで、自信は得られるかもしれません。物事に対して前向きに取り組めることは成功の第一歩かもしれませんが、勝負強くなるのとは別物のような気がしますし、正直いってそんな努力をし続けられるなら困っていないかも知れないですし。

時には運に頼るのも良き

困った時は運頼みなので運を引き寄せられるようにしましょう。パワーストーンが良いのか、風水で部屋の掃除と模様替えをしてみるか、勝負の神様がいてご利益がある寺社へ行くか、選択肢は色々ありそうですね。ただ、どれが良いのか分かりませんし、それぞれ『簡単に解説』とか書いてあってもそれなりにお勉強が必要です。ジムに通い続ける努力と同じ様に、そんなに勤勉で真面目であれば苦労していない、とゆうのも現実です。もう少し別のことも検討してみましょうか。

怠け者でもできる方法に辿り着いた

ここまで来て、自分が継続して物事に取り組んでいくことが苦手だったり好きじゃないことはわかりました。仮にあなたがそうだったとしても、大丈夫なので安心して下さい。なぜなら多くの人は同じ人種ですから。でもその事を逆用すれば、勝負強くなることができるかもしれません。ようは相手に勝てば良いわけですよね。そして相手が自分と同じ怠け者だと解っていれば少しの努力で勝てる可能性はグンと上がるはずです。でも、忘れてはいけないのは『苦労が少なく簡単な方法』でないと、あなた自身が実行できないとゆう事実。

そこで、勝負強い人、実際に成功している人をマネして、あたかも自分もできる感覚がえられるイメージトレーニングをしてみましょう。そして彼や彼女が行っている、たいして労力が必要なく毎日続けられそうなルーティンをやることで目標に近づけるかもしれません。
いや、近づけるでしょう。では紹介していきます。

ヴァージン・グループ創業者リチャード・ブランソン

家族や友人と夕食を食べる
夜11時頃まで家族や友人と夕食後の団らんを楽しみ会話を交わすことで、アイデアが生まれる

フェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグ

子どもに子守唄を歌う
毎晩、ユダヤ教に伝わる祈りの歌「Mi Shebeirach」を歌い娘のマックスちゃんを寝かしつけている

フェイスブックCOOシェリル・サンドバーグ

「低俗な番組」を楽しむ
時々「低俗なテレビ番組」を数話観ることでリラックスし、携帯の電源を切りベッドに入る

マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏

皿を洗って読書をする
世界一の大富豪は、毎晩、夕食後に皿を洗い、眠りにつく前に1時間ほど読書をする

アマゾンCEOジェフ・ベゾス

皿を洗う
ビル・ゲイツと同じ習慣があり、「私がすることの中で最もセクシーなことだと、確信している」と語っている

グーグルCEOサンダー・ピチャイ

家族と過ごす
ワークライフバランスを大切にしており、CEOになる前の2015年には、毎晩、子どもたちをベッドに寝かせる時間には家にいると自分自身に誓った

いかがでしょうか。知らない人が入っているかもしれませんが、みんな世界的に有名な企業の経営者たちです。ですがどのルーティンも驚くほど普通なものが多いですよね。テレビを見るとか皿を洗うとか。ですがこれでいいんです。特別なことをする必要はなく、シンプルに普段どおり生活しているなかで行うことが、リラックスした状態をつくり、その状態に自分を置くスイッチになっているのです。自然体で挑むことが勝負には大切であり、過度に緊張したり力が入っていると実力が出せません。そして自分をコントロールし、リラックスして物事に挑むことを可能にするため、このようなルーティンが必要なのです。

やることは全く難しくありません。リラックスのイメージを掴むために是非取り入れてみて下さい。

本日もありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする