[保存版]夢が叶う驚くほど運の良い人になれるたった7つの事

あなたの夢はなんですか、あなたは夢を叶えたことがありますか。

学校や会社の面接で聞かれることがありますが、改めて考えてみると簡単に答えられない質問ではないでしょうか?それは大人になって考え方がついつい現実的になってしまうので答えが素直に出てこないんだと思います。

これが、今欲しいものはありますか、という質問であれば答えられそうなのですが。

今回は夢を叶える、幸運を引き寄せて欲しい物に近づくために覚えておいて欲しい『絶対やるべき7つのこと』を紹介します。
やってほしいと言っても激しい運動や血のにじむような努力ではなく、主に思考や心の持ちようについての話なのでご安心下さい。

また、文章はちょっと長めになっていますが、7つすべてを今スグやらなくても大丈夫ですので、あまり構えずにお読み頂ければと思います。

夢を現実にするための7ヶ条

① 欲しい物、必要なものを明確にする

漠然と運気が上がれば良いなあ、幸運が舞い込んでこないかなと考えていても実現することは有りません。人間は強く思っていることについては情報の感度が高くなり、あれやこれやと実現する方法を考えるようになります。一方で具体的な夢や目標がなければ達成のしようもありませんしどこに進んで良いのかさえも分からないですよね。まずは、あの車がほしい、あの人と付き合いたい、あのマンションに住みたいなど自分の欲望を書き出すなどして明確化しましょう。

② 運の良し悪しを分析してみる

運がいい悪いということを自分で認識している人は滅多にいません。なぜなら居酒屋で店員さんにジャンケンで勝って飲み物がタダになったり、満員電車で座れたりといったものから、宝くじで1億円当たったときまで、金銭的に見るだけでもその振り幅が大きいので、何を持って運がいいのかがわからないからです。そこで、一度あなたは『どれだけ運がいいのか』を思い返してみて下さい。子供の頃好き子と同じクラスになった、入試に勉強した問題が出た等など具体的に上げてみると実際どうだったのかがわかると思います。

③ 幸運は継続するものだと認識する

運は総量が決まっているわけでは有りませんし、単純な確率論では計り知れない領域です。例えばコイン投げで表が3回連続して出ると『次は裏が出る確率が高いはず』と思いがちですが実際には1投1投ごとの確率なので1回めでも100回目でも確率に変化はありません。これはあなたの脳が同じことはずっと続かないと思い込んでいるだけでバイアス(先入観、思い込み)がかかっていると言われる状態です。実際には幸運は連続して起こるものであり、これは奇跡ではなく『あなたの運気レベルがあがった』と認識して下さい。

④ 楽観的に幸運を待つ

宝くじで7億円当てたいがために必死になって遠くの売り場に行って並んだり、吉日を調べたりしている方がいますが、やりすぎはよくありません。もちろん夢や目標に向かって努力するのは必要なことですが、スポーツの練習をするのとギャンブルなど運の要素がほとんどのものとは分けて考えなくてはいけません。ただただ必死になり周りから見ると悲壮感までただようですと、視野が狭くなっている証拠で、目標から遠ざかりだけでなく大きな失敗をしたりトラブルに発展する自体になりかねないので、あくまでも運に対しては冷静に向き合いましょう。

⑤ 目標に制限を作らない

夢や理想はどんなに大きくても構いませんし、思い描くのは大きなもののほうが脳科学から見てもプラスに働きます。実際に目標設定をしようとすると手の届きそうなレベルにしがちですが、その時点であなたの可能は大幅に下がっていると思って下さい。友人とバカ話をするときのように宝くじなら最高額の10億円、車らなら世界に1台しかないやつ、恋人にするならハリウッドのスターでも構いません。人間は考えられるものしか実現できませんし、考えられるものであれば実現は可能なのです。

⑥ 他者からの評価を謙虚に受け入れる

目標に向かって進んでいると必ず視野が狭くなる時期があります。例えば他の物への興味が薄くなったりライバルに対抗心が出てきたりする状態です。そのこと事態は1歩も2歩も前進している証なのですが、考えに柔軟性が無くなるとそこからの伸びしろは期待できません。そこで取り入れて欲しいのは周りの人からの意見や評価です。もちろん辛口のことが多いと思いますが、相手も暇ではありませんのであなたのことを思って口にしてくれる言葉は素直に聞き入れるようにすべきです。その後どうするかは考える必要がありますが、まずは自然と意見を受け入れられるようにして下さい。

⑦ 嫉妬心を持つのは厳禁

あなたが理想や目標を持つように街中ですれ違う人たちもそれらを持っている場合が多いです。その中にはあなたと同じものやあなたが羨ましく思うことをすでに実現している人もいます。彼や彼女から達成への道を学ぶことは非常に大事で真似できる所があればするといいのですが、間違っても嫉妬心をもって目を背けててはいけません。人を羨み妬むことはあなたの脳に負のイメージを植え付けることになり冷静な判断や性格な思考の妨げとなります。他の人がどうあってもあなたの夢の実現とは関係ないことですので嫉妬心の増幅は絶対に抑え込むようにしましょう。

夢は本来楽しくてあなたの人生を豊かにしてくれる存在ですが、なりふり構わず追いかけると一転して辛く苦しいものにもなってしまいいます。ここで紹介した7つのことは、楽しく思い描いた理想や目標を実践するための力になり得ると考えています。

冒頭にも書きましたが同時に全てを実践する必要なありませんので、まずは取り入れやすいことからチャンレンジしてみて下さい。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする