金運を上げるよりも確実に収入アップさせるなら朝が大切なワケ

『早起きは三文の徳』とは良く言ったものですが、現代の世の中では『早起きが収入を決める大きなポイント』になっています。

それは何でなのか?

たとえ寝るのが大好きで毎朝お出かけのギリギリまで寝ていたいというタイプのあなたも、明日から必ず早起きせざるを得ない理由と具体的に何をすれば良いのかを紹介していきます。

起床からお出かけまでの時間が重要

まずはデータを見てほし良いのですが、こちらは日本人が起床から出勤などで家を出るまでにかかる時間を調べたアンケートです。

起床してから出勤までの時間(20代以上の男女)

15分以内 11%
30分〜1時間 46%
1時間〜1時間半 19%
1時間半から2時間 17%
2時間以上 8%

2020年・生産性本部

7割近くの人が約1時間で準備を済ませているという結果になっています。洗顔や歯磨き、髪の毛など身だしなみを整え、朝食をとって、洋服を着替えるだけでもギリギリですよね。

ここに、お弁当を作ったり犬の散歩をしたりが加わればハッキリと時間が足りません。映画やドラマに出てくる朝のコーヒーなど飲んでいる余裕はなさそうです。

ここ数年はワークライフバランスが叫ばれたり、コロナの影響でリモートワークが増えたりして多少の変化はありますが、始業時間が変わり、通勤時間が要らなくなっても朝起きてから何をするのか、という生活スタイルはほとんど変化していないのが実情の様です。

仕事で感じるストレスは働き始めが危ない

ただ慌ただしく過ぎていく朝の時間ですが実は『あなたの心身の健康に最も悪い影響を与える』場合があるので注意が必要です。

数年前のことですが、アメリカの超名門大学であるハーバードビジネススクールとスタンフォード大学の研究者グループは論文の中で次の様に述べています。

『仕事中のストレスは心身の健康に対して受動喫煙と同等の危険性があり、特に仕事のスタートである出勤時間タイには注意が必要である。なぜなら多くの人が会社に遅れる、遅れそうだという緊迫感・ストレス・欲求不満を強く感じていて、それが常態化すると自信喪失や生産性の低下を起こして人間関係まで悪化させてしまう恐れがある』

アメリカではこの内容がかなり話題になっており、その流れを受けて日本でも注目され始めています。

ですが、まだまだ旧態依然とした古い体質が残り、そして変化のスピードが遅い日本ではよっぽど先進的な企業でない限り取り入れたりはしないと思われます。

朝の時間を活用すれば飛躍的に仕事の効率がアップし収入も上がります

この様にほっておくと疲れてしまうだけでなく、家庭生活にも悪影響が出そうなストレスを受けづらくする方法が冒頭でアンケート結果をご覧頂いた『起床から出勤までの時間の使い方』にあるのです。

まずはポイントを5つにまとめましたのでご一読下さい。

① 毎日の起床時間を約30~60分早く起きる
② 1日のTo Doリストを作成して優先順位をつける
③ ラジオ体操やストレッチなど10分程度の軽い運動をする
④ 軽くていいので朝食はかならず食べる
⑤ 脳を休ませる(5〜10分間Youtubeなどに多数あるヒーリング、瞑想音楽を聞くのがおすすめ)

特に重要なのは②の『その日の計画を立てて確認すること』です。

仕事中に受けるストレスの中で最大のものは『突発的な出来事』に対面した時です。仕事ですから思ったようにならないのが当たり前です。ですがこの毎日起こる当たり前のことが私たちの心に多大な負担をかけています。

そこで、『その日の計画を立てて確認すること』が重要となるのです。

仕事の段取りを立てることは未来を予測することも含まれています。仮に突発的な出来事が起こってもある程度想定内となる確率も上がりますし、その分ストレスも軽減できます。

簡単なことのように思われるかも知れませんが、出勤前にこのような事をしている人はごく僅かです。ほとんどの人は出勤してデスクについてから考え始めているのです。

この差は非常に大きく、午前中に会議や顧客とのミーティングが多い場合は特にパフォーマンスに差が出ます。そうなれば当然ですがあなたの評価は上がることになるのです。

その他、④つのポイントについても難しいことは何もありません。特別な技術や道具なども必要ないです。ですが1つだけ憶えておいて欲しいのは『やり続けること』が重要であるということ。これさえできれば、早くて1週間であなたは身体と心の変化を感じることができます。

事前準備はいらないしマイナスは有りませんので、明日の朝から始めてみませんか。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする