占いや風水より効き目あり!お金が集まってくる6つの習慣

お金持ちとはどのくらいの金額を持っている人のことだと思いますか?

年収が1,500万以上という方がいれば、売上100億円の会社を経営している社長さんだと考える人もいるかも知れません。

これが正解です、というのは難しいのですが上記のような年や月の『収入』が多い人よりも、不動産や金融資産などの財産を沢山所有している人をいわゆる『富裕層』『お金持ち』というのが一般的です。

そして世界的には1億円以上の資産を保有している人というのが基準となっています。

2019年に野村総合研究所が発表したリポートでは、日本の国内人口は1億2,632万人(2019年1月現在)で、その中の約250万人が資産1億円以上のお金持ちレベルにあるということです。ざっとみて50人に一人が富裕層だという計算になるので学校のクラスに一人くらいいる感じでしょうか。

多いか少ないかの印象は分かれるところだと思いますが、前回調査の2011年には170万人くらいでしたので、約10年で70万人(68%)も増えているのは驚きです。

この数字からわかるのは親が金持ちで相続したりと元々資産家だったのではなく、新たに1億円を突破した人が激増しているという事実です。これまでは富裕層と言うと中小企業の社長さんやIT起業家といったイメージでしたがここまで増えているとなるといわゆる『普通の人たち』にもそれが広がっていると考えるのが正解です。

事実として金持ちサラリーマンという層が増えていまして、上記で見た増加分の70万人のうち少なくとも50万人程度は小規模の個人事業主と給与所得者(サラリーマン)が締めています。

では、どうやったら資産を増やすことがデキるのか?

今の仕事で月々の収入を増やすというのもありなのですが、副業なりの方法をご紹介していると長くなってしまうのでそちらは別の記事にまとめたいと思います。

今回は、それよりも重要な『資産を増やした人に共通するポイント』をまとめてみましので、是非こちらを取り入れていただき一過性の収入を得るよりも有益な『お金持ち体質』になることを実践してみて下さい。

資産1億円以上の人に共通するお金を貯めるために必要なこと6ヶ条

① 毎月の固定的な支出をきちんと把握する

最近はネットフリックスなどサブスク(月額定額制)サービスが何かと話題ですが、元々は新聞の定期購読を指す言葉でした。携帯料金、光熱費、ジムの会費や動画などのネットサービスやアプリなど、毎月かかってくるものをどのくらい契約しているのかは絶対に把握しておくべきです。積み重なると結構な額になるのでその時々で必要なもの以外は解約しましょう。

② 貯金用の銀行口座を作る

日本人一人あたり銀行口座を平均で3〜4つ所持しています。給料の振込口座が変わったりするとだんだん増えていったりしますが、あまり分散していると現在の所持金が把握しづらくなるので整理しましょう。重要なのは普段の決済(カードなどの引き落としや生活費用)口座と貯金用のものをわけることです。使いすぎを防ぎ貯蓄を増やすためにも口座の使い分けは必須となります。

③ 必要なものとあったらいいなのモノをきっちり分ける

買い物する際は生活必需品と必ずしも必要のない贅沢品や嗜好品は必ず分けて考えるようにして下さい。その際に重要なのは価格だけでなく機能性や耐久性もよく考えること。最悪なのはどちらの種類でも『買ったけど使わないもの』を購入することです。特に生活必需品は結局書い直すことになるのでちょっと高くても使い勝手が良いものを選びましょう。

④ 株ではなく自分自身に投資をする

株やFX、仮想通貨など世の中には投資の情報が溢れています。最近は100円から始められるなどカジュアルな物が増えていますが、基本的に素人が手を出すのは危険(勝てない、儲からない)だと思って下さい。それよりも仕事で必要なスキル(会計やパソコン)を学んだり英語などの語学を習得する『自己投資』に使ったほうが収入アップや豊かな生活に直結します。投資をするなら裏切らない自己投資が絶対にオススメです。

⑤ 家計を自分で管理する

お金をためたい増やしたいなら家計の管理は絶対に自分でして下さい。そもそも月々の収支計算をしていなかったり、家族に任せるのはNGです。自分がいくら使っているのか把握せずにお金を増やすのは不可能と考えて下さい。全部帳簿につける必要ない無いですが、1000円単位くらいまでは正確に把握しておきましょう。最近は使いやすいアプリもありので利用するものいいと思いますよ。

⑥ 世の中の流れやニュースを追う

株価や金利など金融についての情報も大切ですが、世界や日本でどんな事件が起こっているのか、話題になっているものはなにかなど世間の流れを知っておくことは重要です。自分が見聞きしたことがないものに騙されることもなくなりますし、ブームが終焉の時に流行りものに手を出す失敗を減らすことができます。何よりいろいろな人との会話の大切り口が増えれば、チャンスが巡ってくる機会が飛躍的に増えることになりますよ。

この記事が少しでもお役に立てたなら幸いです。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする