放置すると急激に金運が下がる雨と湿気対策でやるべきこと

これから迎える梅雨の時期など雨が多い季節は、食べ物が痛みやすいだけでなく私たちの体も変調をきたします。

寒くなると古傷が痛む、天気が悪い日は頭痛がひどくなる、といった話を聞いたことがあると思いますが、これらは都市伝説のたぐいではなく科学的(医学的)な根拠があります。

切り傷などができるとそれを治そうとして毛細血管が増殖し、気温が下がるとそれが収縮するので違和感が出ます。また天気が悪い(=気圧が低い)と自律神経が反応し心拍数が上がるため頭痛などの症状がでる気象病が起こり得ます。

この様に人間の体に直接的な影響を与える梅雨時の気候は、あなたの金運にも影響を及ぼして何も対策をしないと急激に運気が悪くなってしまいます。もともと水や湿気は悪い気が溜まりやすいので風水でも水回りの清掃はまっさきに推奨されるものですが、気をつけるべきところはもっと沢山あって厄介です。

これから紹介する5つのポイントは金運を下げないために重点的に行なって欲しいものばかりなので、もしやっていない場合は必ず行うことを推奨いたします。

雨の季節にあなたの金運を守る5つの条件

① 絶対に換気を怠らない

雨の日はお出かけがしづらく、ましてやステイホームの昨今なので尚さら家にいる機会が多いです。そんな時に気になるのが『湿気』です。カビや病気の原因になるのは有名ですが、実は『運気』を下げる大きな要因となります。水が溜まっていると負の気が増殖しますのでコマ目に換気をするかエアコンのドライ機能を活用しましょう。

② 香りを使って気分を運気を上げる

あまり意識しないかもしれませんが雨には大気中の不純物が多く含まれているので、鉄さびのような独特の匂いがあります。また①とも関係しますが湿気がこもるとカビや細菌が増殖し悪臭が発生します。それらを防ぐためにオススメなのがルームフレグランスです。中でも金運アップに効果がある代表的なものをご紹介します。

柑橘系(オレンジ、レモン)=金運の改善
キンモクセイ=ビジネスでの成功
ジャスミン=金運の底上げ
ゼラニウム=お金のトラブル解消

③ 雨の日は足元のガードを固める

とにかく雨で濡れたものを放置すると体内に悪い気を取り込み続けるので最悪の状態になります。雨の日に外出する際はそれを防ぐためにレインブーツを使って下さい。最近はファッションとしても素敵なものが多いですし歩きやすさ等の機能面もすぐれていてオススメです。さらにレインコートも着用すれば運気ダウンを最小限に抑えられます。

④ 濡れた傘を玄関に放置するとピンチに陥る

風水では金運アップに玄関が非常に大きな役割を果たすといいます。人と同じ様に良い気は入り口から入ってくるからです。そこに濡れたままの傘を放置すると、悪気が充満することになり良い気をブロックしてしまいます。使った傘はしっかり水気を払い、必ず玄関の外で乾かしてからトビラの中に持ち込むようにして下さい。

⑤ 梅雨の時期こそ断捨離をする理由

ことわざで『水に流す』という言葉があるように、水や湿気は貯まると運気を下げますが、取り除けば逆に金運がアップします。この性質を利用し、雨の日に掃除をして家の中にある不要物を捨てることで運気アップを狙いましょう。当然ですが断捨離になりますので非常に良い効果が期待できますよ。

お読みになった通りで、難しいいことは何もありませんし高価なものを購入する必要もありません。ただ日々のケアが大切になりますので、是非とも普段の生活に取り入れてみて下さい。

これからの時期にきっとあなたの金運を守ってくれますよ。

この記事が少しでもお役に立てたなら幸いです。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする