多くの人が勘違いしているクリスマスツリーの飾り方

多くの人達にとって2020年は忘れられない特別な年になったと思います。もしかしたら来年も再来年も、なんてことになるかも知れません。
それでも日はまた昇るので、季節は病気やあなたの気分とは関係なく進んでいきクリスマスとお正月がやってきます。

街を飾るクリスマスのイルミネーションは世界の多くの国々では11月に入ってスグ、日本は少し遅くて12月頃から点灯し始めるでしょうか。最近は個人宅でも一生懸命飾っている人がいて、やたらときらびやかな住宅地の一軒家やマンションの一室なども見かけます。

そんな幸せな光景ですが、室内や玄関に飾るものと言えば何を思い浮かべますか?

基本のツリー、花ならポインセチアにクリスマスローズ、ドアにはリースそして子供がいるとスノードームやベル、星や意味はよく分からないけど丸い玉などが思い浮かびます。

そんな感じで好きなものを飾って楽しんでいるところに水を差す様で恐縮なのですが、実はいくつか気をつけてもらいたい事があります。
詳細はアイテム別に説明していきますが飾り付けの仕方や種類やよって『風水から見ると運気を下げる』場合があります。

おめでたいムードだしキリスト教のお祭りに関係ないと思われるかも知れません。ですが残念ながら風水は宗教と無関係で、イベント中でも運気は下がるのをやめてくれないのです。

今日は、これだけ気をつければ運気が下がらないどころか、逆に上げることができるクリスマスグッズについてまとめてみました。
気に入らないものをわざわざ買う必要はありませんので、もし家にある場合は当てはまるかどうかチェックしてみて下さい。

絶対にやめて欲しいクリスマスの飾り付けワースト4

①造花は飾らないで

最近はできが良くて一見して生花と変わらないものも多く、何より枯れないで選びがちですが止めたほうがいいです。中でもプラスチックを使ったリース(花輪)はNGです。風水では『偽物』は邪気を呼び寄せるものとされており、花や骨組みに人工素材を多く使うものは取り除きましょう。

②.冷気をイメージさせる色は使わないで

雰囲気に合うので銀や白が使われがちですが、冷たさや寒さをイメージさせるこれらの色は避けて下さい。風水では無関心や冷淡さを増幅させるものとされ、その場にいる人の人間関係に悪影響を与えます。

③クリスマスツリーを飾るなら1つだけにして

鋭利な形状のものは武器をイメージさせるので運気を減退させます。どうしても飾りたい場合は小さめサイズを1つだけにし、ツリーらしくはないですがなるべく丸い形状のものを選びましょう。また悪い気が停滞するので部屋の角には置かないようにして下さい。

④ベッドや布団の近くにステッカーを貼らないで

子供部屋などで見かけますがベッド横の壁にシールがたくさん貼られている事があります。寝室=睡眠は玄関や水周りと並び風水では最も重要な場所です。静かで心地よく眠り良い運気が巡るように、にぎやかな雰囲気を出してしまうステッカーは剥がして下さい。

特に気をつけたい事を4つ紹介しましたが難しいことではないので実践気してみて下さい。丸っこいクリスマスツリーはあまりないかもしれませんが、許されるなら上部を少しカットしてみるとか工夫するもの良いと思います。

最後になりますが、運気アップにも1点だけ触れておきます。サンタクロースのシンボルカラーである『赤』は風水で幸運を招き特に金運を上げる効果があるとされています。強い色なのでミスマッチを起こしたり他の色と喧嘩することもありますが、玄関に小さめのポインセチアを飾るなど控えめに使うと良いと思いますよ。

本日もありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする