金が最強のパワーストーンである驚きの理由を3分で説明します

金は人類が最初に発見した金属だった

あまり知られていませんが、人類が最初に見つけて利用するようになった金属が金と言われています。柔軟性があり加工しやすく、優れた熱伝導性をもっている金はとても扱いやすく役に立つものとして歴史に登場します。当初は加工技術が発達していなかったため主に装飾品でしたが、紀元前1300年頃には貨幣としても使われはじめました。

エジプト王のファラオの墓所や、豊臣秀吉の茶室など権力者が富の象徴として使った逸話は無数にあり、人々がその価値の高さをよく理解していたことがわかります。さらに時が進んで、18世紀はじめ頃になると南米アマゾンやカリフォルニアでゴールドラッシュが起こり爆発的に私たちの間に広まりました。

なぜ金がパワーストーンの中でも特別な存在なのか

宝石の中でも特殊な力を持っているパワーストーンですが、金運アップに良かったり、仕事運が上向いたり、恋愛や健康などそれぞれに得意分野があります。どんな力を持っているかはココで紹介しきれないのでググってみて下さい。人によってはパワーストーンに力の強さがあり、それによって順位をつけているようですが、たった一つ『金(ゴールド)』以外はそれぞれの石に力の差はありません

その理由は、金がマスターストーン(基準や大本を意味する)だからです。これがパワーストーンのなかでどんな役割を持つのかとゆうと、

『他の石のちからや、それを付けている人間の能力を高めることができる唯一の存在』

とゆう言葉で説明できます。ロールプレイングゲームの呪文にありそうな内容ですが、このあらゆるパワーを増幅させるエネルギーこそ金が他のパワーストーンと違う、別格と位置づけられる理由なのです。

金の強力なエネルギーはどこからくるのか

ストロベリークォーツ、ピンクスピネル、ガーネットやアクアマリンなど沢山あるパワーストーンにはそれぞれパワーの源があります。そこで、最強とされる金はどんなエネルギーを持つのかというと、『太陽』の力です。厳密に言いますと金は石ではないのですが、

『太陽のごとく超強大なプラスのエネルギーを放射し、大気や水分に晒されても劣化せず、よどんだ悪いエネルギーを防御します。そして、全ての「ネガティブな要素」を「ポジティブ」なものへと変質させ、負の連鎖を断ち切りって抜け出すよう導き、不可能を可能にする力を持っています』

非常に仰々しいのですが、修飾語が足りないくらい強大なエネルギーを太陽から授かっているのです。

一つでいいので金を身に着けたい

駆け足でゴールドの歴史や力の強さをみてきましたが、とにかく『別格のパワーをもつ存在』であることはお分かりになったと思います。これほど利用価値の高い金ですが、日本ではあまり使いすぎるとケバくて下品な印象を持たれます。そこには古くから金よりも渋みのある『銀』に親しみを持ち貨幣などに利用してきた経緯があるかも知れません。いくら良い影響があるからといって、身につける際に目立つところに付けすぎるのも良くないかも知れません。また実際の効能を高めるためにも、そのエネルギーを外界に放出させすぎないように主として服の内側などに忍ばせるほうがよいです。

何れにしても、最強・最高の金を使わない理由はないので、小さなもので十分ですから是非一つは身につけるようにしましょう。

それではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする